月別アーカイブ: 2018年12月

バランスの良い食事はこころがけたいものですね

健康寿命を延ばすには、食べることも大切です。

しかし、風邪やインフルエンザのときなどは、食欲もなくなりやすく

症状が落ち着くと・・・食事を摂ることができていないので

病み上がりはげんきがでにくいもの。

だからといって、そういうからだの時に無理して食べよう!

とするのも、からだには負担がかかるのでよくありませんが

普段はしっかりと食べたいものですね。

ただ食べる。というわけではなく

バランスよく食べる。これは、習慣化したいもの。

お肉ばっかり、お魚ばっかり、野菜ばっかり。のばっかり食べは

栄養バランスを崩してしまいます。

なので、野菜や肉・魚などをバランスよく食べて、栄養が偏らないようにすること。

そして、1日3回、なるべく同じような時間に食事を摂ることを心がけること。

ただ、あまり気にしすぎると食事がストレスになってしまう場合もあるので、

栄養バランスを大切に。そして、楽しんで食事をすること。

朝、昼、と偏った食事をした場合は夜に不足した分を補うなどしながら

無理をせず、食事を楽しみながら栄養バランスを意識したいものですね。

 

今後、施設入居ご予定のある方などは、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

健康寿命を延ばすには適度な運動を

高齢なるとからだを動かすのも億劫になりやすく足腰の筋力も弱くなります。

そのため食欲がなくなると余計にからだを動かしにくくなり、

筋力が衰えてしまうと転倒などにより骨折にもなりやすく

階段やベッドからの転落などにもつながることに。

そのため、外出を少しでもするために買い物をしたりお友達と出かけたり、

おうちにいるときはお掃除や洗濯など

家の中でもからだを動かし

お散歩などのウォーキングも無理をしない程度に

10分でもできる日課をつくり新陳代謝を高めて健康的な生活をしたいものですね。

 

 

今後、施設入居ご予定のある方などは、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

健康寿命は延ばしたいものですね

健康寿命。

よく耳にすることばですが、この健康寿命をのばすには

要支援・要介護になるリスクを減らすことが健康寿命を

延ばすことに。

そのため、ご高齢の方が要支援・要介護になる原因として、

認知症・脳卒中などの脳血管性疾患や

つまずきや落下などによる

骨折・転倒などが大きな割合を占めています。

また、これらの場合加齢だからというわけではなく

毎日の生活習慣の積み重ねが影響していますので、

健康寿命を延ばすための生活は意識したいものですね。

 

今後、施設入居ご予定のある方などは、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

寒暖差疲労にご注意ください

二十四節気である「大雪」を迎えたきのう。

今週は気温変化により体調を崩される方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。

そのような暖かさから

急な寒さにより起こるのが寒暖差疲労です💦

寒暖差疲労の症状として目安になるのは

・冷え性がある

・エアコン(冷暖房)が苦手

・周りが暑いのに自分だけ寒く感じる

・顔や全身がほてりやすい

・首こり肩こりがある

・暑さ寒さが苦手

・スマホやPC作業などの使用が平均4時間以上ある

・季節の変わり目体調がくずしやすい

・代謝が悪くむくみやすい

など症状がいくつもあてはまる方は寒暖差疲労を起こしやすいと

いわれています。

多く当てはまる方の解消法としては

炭酸入浴や首を温めたり息をゆっくり吸って止めて深く息を吐くなど

呼吸を整えたりすることはおすすめです。

この寒暖差疲労ですが、

高齢でない方でも起こしやすいため・・・

ということは、

高齢の方やご病気がある方などは

より症状がひどい場合もあることでしょう(>_<)!

そのため、

日々、血流をよくする生活はこころがけたいものですね。

 

今後、施設入居ご予定のある方などは、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

高齢になるとなぜ朝がはやくなるのでしょう

「お年寄りは朝が早い」というイメージがありますが、

実際、高齢になると、朝早く目が覚めてしまう方は多いものです。


それは、体が必要とする睡眠の量は年齢によって違いがあり、

昔から寝る子は育つと言われてきましたが、成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるから。

そのため、成長期にはそれだけの睡眠量が必要です。

よく高校生ぐらいの健康なこどもたちは、眠っても、眠っても、寝足りないといいますが
加齢に伴うごとに、必要とする睡眠の量は減っていきます。。。

そのため、体自体が必要とする量が減るだけではなく、若いころに比べると、

どうしても日中の運動量も減りますね。

そして、同じ時間に就寝する習慣があれば、自然に目が覚める時間はだんだんと早くなっていきます。なので、お年寄りは朝が早くなります。

ただ、寝付けない方もいらっしゃるので、睡眠も運動や食事や生活動作と同じくらい大切です。

 

今後、施設入居ご予定のある方などは、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇