廃用症候群の症状とは

廃用症候群の症状とは

からだを動かさず安静状態が長く続くと・・・

まず筋肉が減っていきます。

そして、動かないことにより

関節も固くなり可動域が狭まくなっていきます。


筋肉は動かさないと減っていきますが・・・

例えば1週間で減る筋肉の量は10%とも20%ともわれています。

そのため、進み方はハイペースです。

そして、リハビリをするとなると

取り戻せる筋肉は1週間で1%程度といわれてます。

そのため、高齢者にとっての長期のリハビリはとても苦痛になることでしょう。

そのため、筋肉が減らないよう生活する工夫も

したいものですね。

今後、施設入居ご予定のある方などは、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

無料ご相談・見学同行のお申し込みはこちらから

お急ぎの場合はお気軽にお電話ください

北九州老人ホーム紹介センターはご相談・見学同行・紹介料0円