月別アーカイブ: 2018年8月

健康寿命を伸ばすポイント(2)

◎からだを動かす。適度な運動◎

からだを動かすこと。これはとても大事です。

体を動かさなくなると、血流が悪くなり筋力は低下し衰えてしまうため

転倒したり近節也ちょっとした段差や階段などからの転落などけがや事故にも

つながりやすくなります。また、からだを動かさないと食欲も低下しからだを

動かすエネルギーも減少してしまいやすくなります。

そのため、軽いウォーキングは新陳代謝を高めるため10分ぐらいのお散歩など

日課にされるといいかもしれません。

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居など

ご予定のある方は、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

健康寿命を伸ばすポイント(1)

健康に長生きをして生きる!!

これは、理想ですねっ。

しかし、若い頃だったり、からだが動くうちは、健康や長生き。など、

そのようなことを意識しなくても当たり前に何不自由なく生活できるので

そのようなことなど、あまり意識。考えなくてもいいことですが

年を重ねるごとに、そのような意識は出てくるものです。

なので、できるだけからだが健康で動くうちに意識しておきたい

ものですね。

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居など

ご予定のある方は、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

健康寿命を伸ばしましょう

少しでも長く生きたい。

これは、誰もが望むことではないでしょうか。

しかし・・・

何がきっかけで、自分自身の寿命がどうなるかは・・・

わからないものです。

健康寿命とは、健康な状態で(継続的な医療や介護に依存しない状態)

日常生活を送れることですが、大体どこの自治体でも多いのは、要介護認定を

受けていない状態を健康とする例が多いようです。

平均として70歳を過ぎた頃から病気やケガ、認知症などによって

自力で日常生活を送ることが困難になるといわれています。

そして、要介護状態や寝たきりとなると・・・

9年から13年ほどで寿命を迎えるというケースが多く、

今後高齢化社会の中、健康寿命を伸ばすことに向けて、国や自治体、

企業団体など取り組みに力を入れています。

そして、私達個人も、どのように健康寿命を延ばすことができるのか

日頃から考えておきたいものですね。

 

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居など

ご予定のある方は、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

脱水症には気をつけましょう

まだまだ、暑い日が続いています💦

室内でも熱中症になるといわれていますが、

エアコンをかけながら眠っていても危険なこともあるため

こまめな水分補給は大切ですね。

特にご高齢で要介護の方にとっては、水分補給はなかなか厳しいものです。

そのため、周囲のサポートは必要ですが

必要な量の目安としては1リットルから1.5リットルといわれています。

量だけ考えると多いようですが、こまめに飲むことが大切です。

また、おトイレなど近くなるため水分摂取を控えられる方も

いらっしゃいますが、なるべく無理なく飲んでいただくよう

いのちの危険を考えると、紙パンツなども一つの方法かと・・・

工夫は必要ですね。

水やお茶だけでは飽きてしまう場合などは、好みなどに合わせ

例えば、お味噌汁やジュースなど飽きずに水物が少しでも多く

摂取できるよう気をつけてあげたいものですね。

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居など

ご予定のある方は、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

菅井きんさん。御疲れ様でした。。。

女優の菅井きんさん。

心不全のためお亡くなりになられましたが、

骨折がきっかけで

弱られてしまったようですね。。。

最高齢の女優としてギネス認定もされ

骨折されたことや 

認知症という誤解ある報道をされたりと

ご本人は相当、悔しかったことでしょう。。。

骨折後は、リハビリなど頑張られていたようですが

最期は心不全だったようで、、、

名脇役の女優として人生を歩まれた菅井きんさん。

お疲れさまでした!

とお伝えしたいものです。

骨折後はどうしても身体が弱ってしまうため、

未然に防げることはしておきたいものですね。

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居など

ご予定のある方は、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

 

涼しくはなりましたが。。まだまだ熱中症の予防対策を

◎熱中症の予防対策を◎

随分、涼しくはなってきましたが。。

まだまだ、熱中症や脱水症などには気をつけたいものです(>_<)

そうならないポイントは

・こまめな水分補給

・エアコンの温度調整

でしょうか。

ご高齢の方は、水分を摂取するとおトイレが近くなるため

あまりとられないこともありますが、

私達のからだは、加齢とともに筋力が低下するため、水分を保つ機能も低下し

体の感覚も鈍くなるため、喉が渇くことも感じにくくなります。

そのため、いつの間にか脱水症状になってしまい、症状が現れたときは

脱水症になってしまうことにもなりかねません。

怖いのは、悪化すると・・・

意識が低下し、昏睡状態になり、死に至ることも。

そのため、喉が渇いたときには、体内の水分量が低下しているため、

未然に防止するためにも【こまめな水分補給】は大切です。

 

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居など

ご予定のある方は、ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

 

親の「介護」が必要になったとき、気をつけたいこと

前回の記事のつづきです。

要支援でも要介護でもご本人が一人暮らし。または、自宅でも生活を

ご希望されていて、可能であれば実現させてあげたいものです。

ただ、そういう場合「もしも」のことも含めての判断は必要かもしれません。

 

きょうはそのような「リスク」のことでも。

一番のリスクは「転倒」でしょうか。

特に足腰が不自由な方や高齢になってくると、ほんの小さな段差でもつまずくことがあり、

家の中で転ぶ恐れがあり、店頭による骨折へのリスクが高まります。

また、突然の発作などの場合にしても、急に倒れたことにより起き上がることができず

家族やヘルパーにより発見されて搬送されることも考えられます。

そのため、介護サービス利用は必要ですし、また受けられない時間の時などそのような事態を招くことも想定して緊急対策は大切です。

 

例えば、

・カメラ・センサー・電話・メールなどセンサーを利用すること。

でしょうか。

緊急時の備えも考えたうえで一人暮らしは考えてあげたいものですね。

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居などご予定のある方は、

ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

嚥下機能が低下しているとき

外への外出は、まだまだ暑く

水分補給は必要ですが、

水分を摂りたくならないときは、嚥下機能が低下しているかも?

しれません。

加齢とともに、咀嚼する力や飲み込む力も弱くなると、

筋力の低下より飲み込むときに気道を閉じることができなくなるため、

食べ物が気管に入りやすくなり誤嚥が起こりやすくなります。

そうなると、本来は食道に送られるべき食べ物が気管に入ってしまい・・・

その細菌が肺に入り込んで炎症を起こすと。。。

誤嚥性肺炎を起こしてしまう危険があります。


嚥下機能が低下している高齢者には、工夫した水分補給が重要となってきます。

嚥下機能が低下した方にとっては水やお茶のようにサラっと

口に広がる液体は飲み込み辛く、誤嚥してしまいやすい形状です。


飲み込みやすい水分の形状は、

まとまりのいいものや、滑りがよく、とろみのある形状です。

水分にとろみをつけ、滑らかにすることで飲み込みやすく、

誤嚥の予防になります。

大切なことは、嚥下機能の低下が考えられる場合は

無理に水分補給を促さず、

かかりつけ医に相談して嚥下機能を調べたうえで

対応いたしましょう。

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

今後、施設入居などご予定のある方は、

ぜひ、「北九州老人ホーム紹介センター」を

ご利用ください!!

経験豊富なスタッフが、親身になってご対応させていただきます!!

地域密着型。無料で見学同行いたします。生前整理・不動産処分もお任せください。

北九州市:小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区・若松区

中間市・遠賀郡・宗像市まで幅広く対応いたします。

TEL 0120-092-708

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇